昨今話題のインプラントを、私も受けてみたいと思っています。
かれこれ二十年以上前に、虫歯の治療をして頂きまして、いわゆる「銀歯」を八割かぶせて頂いたのですが、近頃歯茎が痩せて来て、歯の根元が見えて来ているのです。
その部分は念入りに歯磨きをしていますが、このまま放置していますと、いずれは虫歯になりそうで気になっていました。
残っている歯が多ければ、再び「銀歯」を被せて貰っていますが、如何せん僅かな根元のみが残っている状態ですから、二の足を踏んでいました。
そうして色々と考えあぐねている時に、広告でインプラントの記事を読み、そのメリットに惹かれて、受けてみたいと思いました。
私が惹かれたメリットは、咀嚼力と安定感です。
これまでは、その銀歯が若干安定感が良くないものですから、庇うように噛んでいて、もう癖がついてしまっていました。
これを抜いて貰って差し歯も考えましたが、それも庇った噛み方をしそうで控えました。
どうにもこうにもならないと悩んでいた所、インプラントの咀嚼力や安定感を知ったのです。
『これだ!!』と思いました。
噛む力やその安定は、思っていた以上に色々な事に影響するものと、自身の体験をもって実感しています。
それは思考力や、動作や判断力の機敏さなど、噛み合わせが悪くそして弱まってから、そういったものがすこぶる衰えて来たと実感しています。
噛むという事は、脳や体に色々な影響を及ぼしているのだと、つくづく思いました。
そうして至ったインプラントへの関心で、こちらで再び力強い咀嚼を取り戻して、快活な毎日を送る事が出来ればと大いに期待しているのです。