インプラントは特に最近多くの方が治療を受けておりますが、
インプラントをする前の主な歯の回復方法と言えば、
入れ歯やブリッジでしょう。
今でも多くの方が入れ歯やブリッジで日々の生活を送っていることと思いますが、
インプラントを行った方はその違いに驚かれるでしょう。
とにかくインプラントのメリットは、
歯が一切動かないことです。
インプラントは入れ歯やブリッジと違い、
骨に人工歯根をしっかりと埋め込むのでどんなに硬い食べ物を食べようとも、
歯がぐらついたり取れたりすることはまずありません。
入れ歯の際に食べられなかった食べ物も、
何の弊害もなく噛むことが出来ます。
一方で入れ歯などの場合には、
あくまでも装着している、
あるいはかぶせている状態なので、
ちょっと硬い食べ物を食べただけでも動いてしまうことがありますし、
動きが気になってしっかりと噛むことが出来ません。
しかも歯が動いてしまうと、
人と会話をするときに上手くしゃべることが出来ないと言う欠点もあります。
しかも動いた入れ歯によって歯茎を傷つけてしまい、
炎症や口内炎の原因にもなるのです。
歯がしっかりと固定されているインプラントでは、
こういった不具合などは一切ないので安心して日々の暮らしが送れます。
そしてインプラントのさらに良いところに、
見た目の良さも挙げられます。
ほとんど自分の歯と変わらないくらい綺麗なので、
他の人と会話したり笑った際に見える歯は決して人工歯とは思われないでしょう。
むしろ元々の歯よりも綺麗に見えるくらいなのです。