インプラントの安心出来るところは若い人や高齢者でも手術例が数多くあるというところです。
高齢者の方や十代後半の若い人からのインプラントの需要も多い為に、
二十代や三十代の方ばかりの手術例しかないというインプラント治療院は殆ど無くて、
自分の親や子供がインプラントを受けたがっているという場合も安心して手術を受けさせてあげる事が出来ます。
我が家ではお婆ちゃんがインプラント手術を受けたのですが、最初は家族みんなも不安でいっぱいでした。
高齢者というのは骨が弱っている事が多い為に、インプラントがしっかりとくっつくか不安だったのです。
しかし、その点はインプラント治療院もよく考えているもので、アゴの骨の検査を隅々まで行ってくれたらしく、
最初は不安そうな顔をしていたお婆ちゃんもインプラント手術を受ける頃には、
早く入れ歯から卒業したいと楽しみそうな顔をしていました。
お婆ちゃんは入れ歯の隙間から食べ物が入り込む事を本当に嫌い、
さっきまで楽しそうに話していたにも関わらず、入れ歯の隙間から食べ物が入り込むだけで、
途端に機嫌が悪くなってしまうのが可哀想だったので私もインプラントには賛成でした。
手術当日になると、やはりお婆ちゃんも緊張した様子でしたが、
手術も終わってみるとあっけないものだと元気そうで良かったです。
インプラントを初体験したお婆ちゃんは、噛み合わせの良さを何年ぶりだろうと大喜びしており、
それ以来我が家では入れ歯の隙間に食べ物が入ったお婆ちゃんを見かける事はありませんでした。