私は、ずっと部分入れ歯を利用していたのですが、部分入れ歯の場合、手入れは簡単ですが、グラつき感があり、どうしても食事が美味しくありません。
それに、細かい物が挟まってしまい、とても不快な気分になることもあります。
いちど、粉薬を飲んだ時、ちょっと飲み方が悪かったのか、飲んだ粉薬のほとんどが、部分入れ歯の間に挟まってしまい、どんなに水を飲んでも、苦さが消えなかったことがあります。
それは、部分入れ歯を外してすすぐまで続きました。
家でなら、すぐにすすぐこともできるでしょうが、外出先ではそうはいきません。
インプラントの良いところは、食べ物の粒が間に挟まるようなことがないということです。
それに、あごの骨に固定されることで、グラつき感も感じずにすみます。
それによって、まるで自分の歯のように、自由に食事を楽しむことができます。
自由に食事を楽しめるからといって、硬いものばかり食べるのはいけませんが、以前のように食事が楽しめるのはうれしいことです。