学生時代、歯科検診で虫歯があるので治療するよう指導されたのにもかかわらず、部活や友達と遊ぶので忙しくて、ついそのままにしたせいか、気付いた時にはどんどん悪化し、虫歯でなかったはずの横の歯まで悪くなってしまったことがありました。
それで歯科クリニックで奥歯を2本、義歯にしてもらったのですが、口を大きく開けると、銀色なので目立ってしまい、あまり大口を開けて笑えなくなってしまいました。
それにお肉やせんべいなどの固いものも、あまり力を込めて噛むことが出来ないし、今さら後悔しても遅いのですが、真面目に歯磨きをしたり、歯科クリニックの定期検診を受けてれば良かったなと思います。
そんなときにインプラント治療というものがあることを知ったのですが、人工の歯根を埋め込んでその上に歯を乗せるので、かなり本物の歯に近い感触を得られるようです。
なんだか大がかりな手術のような気もしますが、別に入院の必要もないようですし、麻酔をするので痛みもなく、術後も痛み止めをもらえるので、それほど心配することもなさそうですね。
何より本物の歯と同じように、自然に噛めるというのは素晴らしいことですし、色も形も本物の歯と変わらないので、大きく口を開けることを恥ずかしいと思わなくてすみそうです。
八王子には評判のインプラント治療医がいるそうですし、予算がどれぐらいかかるのかが心配なので、相談だけでも行ってみようかと思います。
保険がきかない高額治療ではありますが、それだけの価値はありそうですものね。