前歯を折ってしまいました。
スノーボードで転倒した時のことでした。
荒れたゲレンデを仲間同士で滑っていて、ギャップを越えた瞬間、仲間とぶつかって転倒してしまったのです。
運悪く、仲間のひじが私の歯に当たってしまったのです。
綺麗に二本の歯が、なくなっていたのです。
慌てて歯医者さんへ、走りました。
早速の応急治療です。
その後、どうするかが問題になりました。
簡単な方法は、差し歯にする方法と言うのです。
余程のことがない限り、10年や20年は大丈夫と先生は言うのです。
ですがその時、歯の医療が今よりどんどん進んでいて、多くの人は差し歯や入れ歯にはしていない可能性があると言うのです。
そこには、インプラント技術の向上から、その方面へ進むことは間違いないと言うのです。
ただ現時点では、保険が利かないのでお金がかかることになる。
しかし、自分の歯が再度生えた状態になり、これが永久的なものと言うのです。
虫歯の心配ないと言うのです。
また、歯を抜いたままにしておくことで骨の形が変わることになり、将来インプラントにする時は、難しい処置の可能性もあると言われるのです。
考えると、早いうちにインプラントにしておくことで、自分の歯としての寿命が長く持てることになるのです。
そこで思いきって八王子の先生に頼んだのです。
一生自分の歯として扱うことが出来るインプラント、差し歯や入れ歯にすると再度の治療もあり、最後は総入れ歯になってしまう可能性が大きいのです。
それを避けるためにも、早めのインプラントで良かったと思います。