インプラントは、「第2の永久歯」と呼ばれるくらいの高い治療効果を持った歯科治療です。
失った歯を取り戻すための治療で、歯が欠損した部分の骨に穴を開けて、そこへ人工歯根を差込み、その上部に人工歯を装着するようになります。
自分の骨に固定してしまうことで、今までの自分の歯と同じ治療効果を得ることができるというのが特徴です。
さて、治療効果が高いということは、治療技術もそれなりのものを必要とします。
なので歯科医師なら誰にでもできる治療というわけではありません。
実際、インプラント治療を行うクリニックは少なくないですが、その中には充分な知識や技術を持たないまま治療を行う医師もいます。
そういった医師のもとで治療を受けると、それは当然、治療の失敗にもつながるので慎重に選ばなくてはならないでしょう。
では、良い医師をどう見分ければいいのかということになりますね。
素人にも判断ができる簡単な材料としては、「認定医」もしくは「指導医」の認定書があるかということで確認できます。
これは、インプラントに関する学識と技術の高さを充分に保有していると学会が認めた医師のみに認定されるものです。
認定書は、各クリニックのホームページ上、もしくはクリニック内の壁に掛けてあることもありますので、事前にチェックしておくことです。
治療効果が高いといっても治療に成功しなくては意味がありませんので、そのための医師選びからはじめてください。